menu

Web制作のTipsとかアレコレ。

久々Linux。CentOS6.3をminimalでインストールした際の作業記録(1)

2013.09.20

作業場ではWindows7、外ではMBAを使ってて、それぞれにWAMP、MAMPを入れてるんですけど、やっぱりちょっと不便を感じてきたので環境を統一しようと企ててます。

ということで、ふるいHPのスリムタイプの本体が転がってたのを引っ張り出してCentOSを入れてみることにしました。

Linuxをいじってみたことはあるんですけど、ゼロからの開発環境+サーバー構築はやったことないので、多分何回もインストールからやり直すことになりそうです。それがまた楽しいのではありますが。

ということで、参考サイトやら作業手順やらを記録していこうと思います。

で、インストールは勉強も兼ねてということで、minimalで。以前CDに焼いてた6.3があったので、とりあえずそれでインストールを進めます。

インストールに関しては特にこれといってないのですが、実は先ほど一回失敗してます(汗

インストール後の再起動がうまくいかず、GRUB画面で止まっちゃいました。レスキューモードでも現在の私では解決できなかったので、再度はじめからインストールし直して、今度はうまくいって起動したところ。

どうやら、このPCにはHDDが二つ付いてるんですけど、ブートローダーをインストールするのを間違えたかな?とにかく一回目とは違うほうを指定したら成功しました。もう何年も中を開いてないので、どっちがmasterでどっちがslaveかも覚えてない・・・

とにもかくにもインストールして再起動・ROOTでログインして、最初にネットワーク設定です。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

これを以下の通り設定。デフォルトでdhcpになってるのでstaticに修正。

DEVICE=eth0
HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.1.10
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.1
IPV6INIT=no

続いてネームサーバー

# vi /etc/resolv.conf

これはルーターのIPアドレスを一行だけ書きます。

nameserver 192.168.1.1

で、リスタート。

# service network restart

[OK][OK][OK]~っと無事成功。
お次は諸々のパッケージを最新のものにアップデートします。

# yum -y update

-y を付けておくと、yes/no選択時に全てyesにしてくれるので便利です。

さて、ここで時間を食うので一休み。続きは次回。

Comments

please leave your comment...

▲ Page Top