menu

Web制作のTipsとかアレコレ。

CentOS6.3をminimalでインストールした際の作業記録(7)-phpMyAdminをインストール(Mcrypt警告)

2013.09.24

とりあえず、いい感じで作業が進んでる(といってもCentOSインストールから睡眠入れて20時間近くたってるけど・・・)ので、さっさとLAMP環境を実用レベルに持ち上げておきたいということで、なんといってもphpMyAdminは欠かせない。ので、やります。

まず、ググってみると、pmaはwgetで引っ張ってくるようなので、まずはwgetをyumyumしてインストール。
wgetのバージョンは

wget.i686 0:1.12-1.8.el6

続いてさっさと本編へ行こうとおもいきや、なんかPHPの拡張モジュールが必要だか何だか。
面倒なので一気にやっちゃいます。

# yum install php-\*

※後述しますが、ここでphp-mcryptはインストールされませんのでご注意を!!
公式で確認すると、phpMyAdminの最新版は4.0.6とのこと。
ということで早速ダウンロード。

# wget http://downloads.sourceforge.net/project/phpmyadmin/phpMyAdmin/2.11.11/phpMyAdmin-2.11.11-all-languages.tar.gz
#
# /var/www内に移動して解凍
# mv phpMyAdmin-2.11.11-all-languages.tar.gz /var/www/
# tar xf /var/www/phpMyAdmin-4.0.6-all-languages.tar.gz
#
# ディレクトリをすっきりした名前にリネームしてその中に移動
# mv phpMyAdmin-4.0.6-all-languages phpMyAdmin
# cd phpMyAdmin
#
# configサンプルファイルをコピー・パーミション変更して編集
# cp config.sample.inc.php config.inc.php
# chmod 660 config.inc.php
# vi config.inc.php

#blowfish_secret は暗号化の為に内部的に使われ、ユーザーには関係ないので
cfg['blowfish_secret'] = 'dkfjaldfoahoafjoasfhoafjoajf';
$cfg['DefaultLang'] = 'ja-utf-8'; //変更
$cfg['Lang'] = 'ja-utf-8';  //追加
$cfg['defaultCharset'] = 'utr-8' //追加

で、次はApacheの設定。
phpMyAdminディレクトリは公開ディレクトリ内に作っているので、外部からのアクセスが可能となってしまう。
それを防ぐためにhttpdで制御。まあ私の場合は外部にオープンじゃないので、ついでです。

# まずはphpmyadmin.confというファイルを作成+編集
# vi /etc/httpd/conf.d/phpmyadmin.conf
# 内容は以下
#
Alias /phpMyAdmin /var/www/phpMyAdmin

<Directory /var/www/phpMyAdmin>
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1 //サーバー自身からのアクセスを許可
    Allow from 192.168.1.0/24 //LAN内からのアクセスを許可 
</Directory>

#で、保存してリスタート
# service httpd restart

Win機のからブラウザ http://192.168.1.10:8080/phpMyAdmin/でアクセス

WS000003
はい、よくできました~!
MySQLの設定の時に決めたユーザーとパスワードでログイン完了!

すると、以下の警告。
WS000004

えー、yum install php-mcrypt してもだめですた。
ので調べたら、なにかいくつかのリポジトリをインストールしなきゃいけないようです。
参考:http://d.hatena.ne.jp/addition/20130411/1365648937の「5」のところ。
私の環境は32bit版なので、ダウンロードディレクトリは以下となります。
http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/

あとはこのページの通りやって、なんかエエ加減になってきてるのか、迷わずreboot。
で、ログインしなおしたら、警告消えてました~!!
忘れずrpmパッケージをrmしておきましょう。散らかる元ですw

ということで、続きはまた次回!

Comments

please leave your comment...

▲ Page Top