menu

Web制作のTipsとかアレコレ。

今日も「ぉかl」という文字を何度も目にした件(ただのボヤき)

2013.10.07

「ぉかl」ってのは、ブラウザのアドレスバーに「localhost」と入れようとしたけど日本語入力のままだったときに「local」まで打ち込もうとしてハッと気付いた時に目にする文字列。

ローカル開発環境でウェブのコーディングをしていると、頻繁にやっちゃう。

普通にhttpから入れる場合は日本語入力時でも自動的に半角英数で入れてくれますが、localhostという文字列では最初の二文字で「かな」になっちゃうのでそれが効かないのです。

知っての通り、ウィンドウズは日本語/英語入力の切り替えがトグルスイッチになってて、日本語の時にキーを押せば英語に、英語入力時には日本語に、とローテーションします。これが、厄介。

例えばエディターを英語入力で入れてて、その流れでブラウザのアドレスバーにURLを入力しようとした時に、ブラウザはエディターとは別に入力モードの情報を保持してるもんだから、日本語で入っちゃう。こんなことが年中起きてます。

ま、F10押せばいいんですが、HHKBというキーボードを使ってる都合で「Ctrl+P→O」(Ctrlキーがaの左側にあるので「Fnキー+0(F10の操作)」よりも楽)なもんで、まあめんどいというわけでもないんですが、途中で半角スペースを打たないといけない場合に、「なんだよ結局切り替えなアカンやん」ってイラッとくるんですよね・・・。

やはり入力切替はトグルではなく絶対的な切り替えが欲しいなぁと思ってやまないここ数年。

MacBookAirだと、スペースキーの左側に英語キー、右側にひらがなキーがあるので、まず間違わない。素晴らしい。F6~F10もそのまま使えるセッティングにもしてあるので不自由ありません。素晴らしい。

タスクバーにあるIMEの「あ」とか「A」とかいちいち見てられないしなぁ。

ま、単なるぼやき、です・・・。ぉかl、ぉかl、ぉかl・・・

ちなみにWindows機の方で使用しているHHKBでは、文字入力切替ボタンがちょうどMBAの英語入力キーの位置あたりにあって最初はエラく混乱したものです。

Comments

please leave your comment...

▲ Page Top