menu

Web制作のTipsとかアレコレ。

PCのパワーアップ画策 Win7(32bit)=>win8(64bit)

2013.10.13

今までwindows7の32bitマシンで、スペックはcore i5 750 +4GB(実際は3.2GBぐらい)メモリという程度のまあまあ低スペックでも仕事上は全く問題ありませんでした。なんせ、仕事道具ってテキストエディタとブラウザがほぼ全てで、たまにPhotoshopとかFireworksとかでザザーッと作業する程度だったもので。

それが、最近やることが増えて、テキストエディタでプロジェクト2つ同時にあけて、ブラウザはChromeとIEとFFとOperaが同時に(しかもタブいっぱい開いて)立ち上がってて、加えてFFFTPとかオフィスソフトとか下手したらTera Termとか、かとおもったらなんか当然のようにPhotoshopやFireworksも使用中で、おまけにSkypeとかDropboxとか常駐してるのももちろんだし、ってな状況が珍しくなくなってきました。

今日なんて、そんな状況でTeamViewerでお客さんとこのPCをリモート操作してました。まあ何とか動くもんです。

PhotoshopやFireworksは大体MacBookの方でやるんですけど、それがカバンの中にある時とか、いちいち出すのも面倒だからどうしてもWindowsの方でチャチャッとやってしまいたいんですよね。

で、あーー、新しいパソコン必要だなぁと思いながらぢつと手を見るわけですが、それほど不満いっぱいというわけでもないので新しいパソコンはまだ・・・とかナンとか思ってたりして。

Haswellのi7がもう少しこなれてz87積んだマザボの値段がもうちょっと下がって、あとSSDの値段も下がったら新しいの組もう。とか考えてる人は買い時を逃す人とは知っているものの、新PCは先送り。

というわけで、とりあえずさっき勢いでWindows8(もち64bit)と増設メモリとりあえず8GBだけポチッときました。・・・・今は後悔している・・・ようないないような。

まあ、なんだ、2万円弱でまあまあの延命策を講じることができるたのではなかろうか、とは信じてます。信じたいのです。あ、勢いでといっても、今のマシンの64bit対応とか一通りのことは確認済。

これでWindowsの方にもCS6入れられるよ。AdobeはCS6というかCCにしてるので、ライセンス的にはラップトップ+デスクトップで一台ずつ入れられるんですねぇ。あり難い。

なのに、MacはCCかCS6入れて、WindowsはCS3のまま頑張ってた。まあCS3でも全く困ることはないんだけど。

そういうわけで、近日中にWindowsの環境リニューアルのためという口実をもって、丸一日のオフを取ろうと企てています。

Comments

please leave your comment...

▲ Page Top