menu

Web制作のTipsとかアレコレ。

メインマシンをWindows8 64bitにアップグレードしたら笑顔になれた

2013.10.16

前のポストで「画策中(PCのパワーアップ画策 Win7(32bit)=>win8(64bit))」と言ってましたが、ついにやりました。やっちまいました。

アマゾンから増設メモリ(8G)が届いたら居ても立ってもいられずに作業にとりかかってしまった。大体インストール作業なんて待ってる時間の方が長いんだし…ということで、仕事はMacの方でやりながら、Windowsはアップグレード作業…という感じでオフを取ることなく一気に実行。

ってかOS本体のインストールってあっという間に終わるのね・・・XPの頃から自作はやらなくなってたので、OSからインストールすることなんてなくなってたわけで、こんなに早くなってたのは知りませんでした。マシンパワーがそれだけ上がってるってことか?。

今回はクリーンインストールしたので、大変なのはそれからで、ひと通り基本的なソフトをインストールしたり、開発環境やらなんやらを整えたりで、やっと一段落。私にしては結構計画的にコトを運んだので(やる時は衝動にかられてスタートしたけど、それまでに下準備は整えてたんですわ)、かなりスムーズに環境を移行することができました。唯一のミスは、ローカル開発環境のMySQLのバックアップを取るのを忘れていたことぐらい。まあ、本サーバーじゃないしこれは別に良い。

Windows8、悪評が高くて心配してたんですけど、これはこれで使いやすくて気に入ってます。メトロの画面にあるアイコンは、もうデフォルトのアイコンは「デスクトップ」しか残ってませんが、自分の使い勝手が良いように整理していけばランチャー代わりに使えるかもしんない。いやそれはないか…。

多分、良いランチャーソフトに出会ってる人は大丈夫なんじゃないかと。

私の場合はWindowsならOrchis、マックならAlfredを愛用してるんですけど、こういう良いランチャーがあったら、UIでどうのこうの騒ぐ必要はないと思います。

動作は安定してます。メモリは中途半端に10GB(マザボにメモリ差すソケットが二本しかなかったwので、8G+2G )ですが、あれやこれやとアプリケーション立ち上げまくっても今のところは快適。

そもそもアップグレードの動機の99%はメモリを8GB 以上に増設するため64bit環境が必要だったことなので、満足満足です。

CPUはi5 750 2.67GHz。Haswellを考えれば、これは非力といえば非力ですが、これでも一応4コア4スレッドの端くれ。CPUで不満を感じることはまずありません。

とか言いながらSSDの物色を始めてしまった…あとSSDとマザボとCPU買えば、完全に生まれ変われるんだよなぁ…なんてね。やっちゃいそう・・・

Comments

please leave your comment...

▲ Page Top