menu

Web制作のTipsとかアレコレ。

WAMPサーバーにバーチャルホストを設定してみた

2014.02.15

一週間の東京出張?から帰還しました。今回の出張はボケーっとするためであり、決して仕事をするつもりではなかったのですが、何故か焼き肉の席で仕事を受注し、翌日からコーディングに入るという予想GUYな展開でした。ありがたや。

今回も最近こればっかりというワードプレス案件。出張中はMBAで仕事をするのですが、ワードプレスの場合、自宅兼仕事場のPCと環境を合わせるのが面倒。

基本的にワードプレスの案件の場合はローカルである程度組んでから、自分のレンサバかクライアントに指定されたサーバーに移植構築して、そこから先はローカルで調整⇒サーバーにアップという感じでチマチマと進めるのですが、WindowsとMacそれぞれのローカル環境でデータを合わせるというのは考えてませんでした。

また、構築する時のURLがそもそもローカルと本番環境では全然違う。

本番環境では、当然最終的にhttp://www.hogehoge.comというようなURLになりますが、ローカルではhttp://localhost/元請け名/クライアント名/というURLで僕の場合は構築してます。

これが何かと面倒を生むわけで。オレオレテンプレの時のように、パスを定数で持っておいて、そこだけ書き換えたら万事OK!というわけにはいかないのです。ちなみに何故そうはいかないかというと、ワードプレスでは基本的に投稿中にPHPが使えず、またショートタグなどでPHPを利用可能にするプラグインは絶対使いたくないという(メンテナンス性が落ちるおそれがある)理由によるもので、PHP-execなどのプラグインを迷いなく使う勇気があればそれほど厄介なものではないのでしょうが。

ということで、今度からはローカルでもhttp://client-name.localhost.comのようにサブドメインで構築できるようにしました。

ってかこれまでローカルでそうすることを考えたこともなかったのですが、「あれ?そーいやWAMPもMAMPも結局Apache積んでるわな」といきなり思い出したようにやり方を調べてそうしたと。

というわけで、手順と参考サイトをメモがわりに。

長くなったので次回。

 

WAMPにサブドメインを振ってテストサーバーと同じ環境にする方法

Comments

please leave your comment...

▲ Page Top